滞納した場合に助けてくれる

相談

最近は、賃貸物件を借りる場合は連帯保証人がいてもいなくても、賃貸保証会社と契約を結ばなければならないところが増えています。一昔前までは、連帯保証人がいれば賃貸保証会社と契約をすることはありませんでした。つまり、連帯保証人がいない場合だけその賃料の補償として賃貸保証会社を利用したわけです。ところが最近は、連帯保証人がいたとしても保証会社を利用するオーナーが増えてきています。オーナーにとっては非常にメリットがある賃貸保証会社の制度ですが、実はオーナーばかりにメリットがある訳ではありません。ではだれに対してメリットがあるのかといえば、それは賃貸物件を借りる人になります。賃貸物件を借りる人は、当然のように家賃を払っていくものですが、人によってはなかなか家賃を払うことができない場合もあります。1か月程度を滞納している場合にはそこまで問題にならないものの、2カ月以上滞納してしまうといよいよ様々な問題が起きてしまいます。この時、借り主の代わりに保証会社の方でお金を立て替えてくれるため、すぐに退去命令をされる訳ではありません。一昔前ならば、2カ月も家賃を溜めるといよいよ退去命令をくだされることがあります。ですが、保証会社のおかげでそのような命令はなくなったわけです。ただ当然ながら、あとで保証会社から請求がきます。その点はしっかり頭に入れておきましょう。保証会社から請求が来て支払わなければ、強制執行になりますので必ずお金を払うことを頭に入れて賃貸物件を借りるようにしなければなりません。

どのような効果があるか

住宅模型

賃貸保証会社を利用した場合の効果ですが、オーナーの立場からすれば家賃をほぼ100パーセント回収できるという効果があるわけです。仮に家賃保証会社を利用しなければ、物件の借り主がお金を払ってくれない場合、その分だけ収入が入らないことも考えられます。連帯保証人がいればよいと考える人もいますが、連帯保証人の中には自己破産をしてしまう人がいるため確実に支払ってもらえるとは限りません。そこで賃貸保証会社がいれば、ほぼ100パーセント回収できるわけです。

借り主から見た効果

住宅模型

賃貸保証会社を利用をする時の借り主側から見た効果ですが、やはりそこに長く住み続けることができる点において効果があるといえるでしょう。保証会社がいることにより、途中で退去する必要もなくなります。もちろんその代わり、保証会社との信頼関係を結んでおかなければいけません。例えば、いくら賃貸保証会社が存在しているとはいえ、何度も家賃を滞納するようでは保証会社は愛想が尽きてしまいます。そのため、保証会社が支払ってくれるのは、あくまでも最後の手段として考えるべきでしょう。